面接では自己分析、企業研究・業界研究、質問リスト作成が重要!

就職活動の面接を突破するには、自己分析、企業研究・業界研究、質問リスト作成が重要です。

面接では、まず自己分析を出来ていないと話になりません。
自分の「長所」や「短所」「どういった特技があるのか?」「会社に入ったら何をしたいのか?」「会社に入ったら何ができるのか?」はよく聞かれます。
また、「将来どうなりたいのか?」「将来どのように成長したいのか?」ということもよく聞かれます。

これらの質問には具体的に答えられるようにしておきましょう。

例えば「将来どうなりたいのか?」と聞かれて「会社に貢献できるような人間になりたいです」といった答えは、0点と言っても過言ではないです。
「○○までにはリーダーになって、さらにその先には○○になりたいです」みたいなことです。

具体的な話をすれば、プログラマー志望であれば、「25歳までには一人で設計書までかけるようになって、30歳なるまでにはプロジェクトリーダーになって、さらにはプロジェクトマネージャーになって、案件を回せるようになりたいです」といった回答になります。

もし自分で会社を作りたいという方であれば、正直に「いずれは独立して会社を設立したい」と答えても良いです。
ただ、「止めることを前提している」のを良しとしない会社もあるので、会社の雰囲気なども考慮して答えるようにして下さい。

もちろん、研究職であれば「一生現場で研究に携わっていきたいです」と回答してもいいですが、具体的にどういった研究者になりたいのかも答えるようにしましょう。

面接では「どうして弊社を志望しているのですか?」「同じ事業内容の会社は他にもありますが、その中で弊社を志望するのはどうしてですか?」とよく聞かれます。

企業研究として、必ずその企業の「強み」や「他社との違い」を調べておきましょう。
また、「その企業じゃないとできない仕事」がないかなどもチェックしておくこともおすすめです。

さらに、「企業理念」「取り扱っている商品やサービス」「具体的な事業内容」も必ずチェックしておきましょう。

また、業界研究も怠らずに行っておきましょう。
業界に関する質問をされることもあるので、インターネットでの情報収集も行っておきましょう。
あと、書籍の方が体系づけて情報をまとめられているので、関連本を1冊購入して読み込んでおくこともおすすめします。

最後に「質問リスト」の作成もおすすめします。

どのような質問をされるかを想像して、思いつく質問と回答を全て書き出してまとめておくことが大切です。

もし思いつかなければ、インターネット上で面接で聞かれそうな質問を調べてみることもおすすめです。
今の時代は、いくらでも情報が出てきます。

質問集はエクセルやテキストファイルなどにまとめるのも良いですが、Googleスプレッドシートの利用もおすすめです。
Googleアカウントがあればだれでも使用でき、スマホからでも閲覧・編集が可能なので、とても便利です。

ぜひ活用してみて下さい。

最後に、面接では想定外の質問をされてもスムーズに答えられるようにしておくことが大切です。
その為にも、しっかりと睡眠取って、常に頭をすっきりさせておくようにしましょう。

また、面接時には表情も大切です。
鏡の前で表情を作る練習をしたり、表情筋をほぐすためのマッサージをして、緊張で顔が強張らないようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です