内定についてのお話しです

内定について

内々定と内定について

内々定と内定の意味をほぼ同じと思っている学生が多いですが、これらはは全くの別物です。

内定というのは10月1日以降に出さなければいけないという経団連のルールがあります。
企業はそれ以前には内定を出せないので、「10月になれば内定を出しますよ」という約束をするのが内々定というものです。

もちろん内々定というのは問題のある行為ではないですが、労働契約が成立しているわけではありません。
その為、企業側も就活生も自由に取りすこともできます。

ただ、内々定が出た後に辞退する場合には、企業側にも丁寧に辞退するようにしましょう。

また、企業側は正式な労働契約を結んでいなくても一方的に取り消しを行うと批判の対象にもなりかねません。
その為、企業側から簡単に内々定を取り消すケースは少ないです。

内定が出て正式に労働契約を結んでいしまうと法的な拘束力も出てきます。
ただ、決して内定を辞退できないわけではないです。
が、これから社会人になろうとしている学生なので、内定後に辞退をする場合には必ずマナーを守って対応するようにしましょう。

秋採用での内定勝ち取りも

新卒採用を行っている多くの企業は少しでも早い段階から採用活動を始めようとします。
その為、早いと大学4年生になる春の時点で内々定を出す企業もあり、良い人材の取り合いが始まります。

ただ、就活生は複数の企業から内々定を貰っている人もいて、辞退する学生も必ず出てきます。
それを見越して企業側も人材を多めに採用する場合もあります。

が、それでも目標の人数を確保できないこともよくあるので、その場合には秋採用を行うことで不足した人材の確保を図ります。

就活は、一般的には夏にはいったん終了してしまうので、それまでに内定を貰えない学生は精神的にも不安になりがちです。
でも、秋採用で内定を勝ち取っている学生も多いので、上手くいかなくても諦めずに就活を続けることが大切です。

ベンチャー企業にも目を向けてみましょう

日本では、多くの学生が大企業からの内定を目指します。
ただ、一度はベンチャー企業にも目を向けてみることをおすすめします。

大企業には大企業の良さもあり、一概に大企業とベンチャー企業のどちらがいいとは言えません。

ただ、ベンチャー企業の中にはとても高い技術力を持っている企業も多いです。
また、大企業と違って少ない人数で会社を回している分、様々なことを経験できるので成長も早いです。

もし、「将来、少しでも早く起業したい」「より専門的で高い技術力を身に付けたい」「多くの事に積極的に挑戦した」とい方などは、ベンチャー企業もおすすめです。
特に、ITの分野ではとても高い技術力を持っているベンチャー企業も多いので、その分でのエンジニアを目指している方にはおすすめです。

それと、中には仕事内容よりも給料面を重視している学生もいると思います。
そのような方も大企業だけでなく、ベンチャー企業の待遇面もチェックしてみて下さい。

ベンチャー企業にも勢いがあって儲かっている企業もあります。
むしろ、大企業よりも給料面で好待遇のベンチャー企業もあるので探してみましょう。

もちろん、性格的にベンチャー企業に向いている人・向いていない人といるので、向いていないと感じた方は止めた方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です